女性の薄毛に多いストレスについて

女性の薄毛に多いストレスについて

女性の薄毛

近年、女性の方でも薄毛に悩む人が多くなっています。その理由の1つが、女性が社会進出したことによるストレスである、と言われており、まさしくストレスは万病の元と言えるでしょう。

 

特に現代社会はストレスが増大していることから、女性だけではなく、男性にとっても薄毛の原因となることから、ストレスとうまく付きあっていくことは現代人にとっては必須のスキルになります。

 

強いストレスを受けると、胃痛を起こしてしまったり、情緒不安定を起こすといったイメージが強いですが、薄毛にも繋がります。何故、ストレスを受けることが薄毛の原因となるのかと言うと、自律神経のバランスが乱れてしまうからです。自律神経とは、交感神経と副交感神経の2つからなっていて、身体のバイオリズムにあわせて自動的にいずれかの神経が優位になるようにできています。

 

一般的に、身体が活動状態にある時には交感神経が優位になり、リラックス状態にある時には副交感神経が優位になります。

 

しかし、ストレスを慢性的に受けていると、いつまで経っても副交感神経が優位にならず、身体がリラックスを求めていても常に活動状態になってしまうのです。

 

結果、不眠症などの症状を起こしてしまいやすくなり、不眠症になってしまうことで毛髪の成長に必要な成長ホルモンが、きちんと分泌されなくなってしまいます。そして、ヘアサイクルが乱れてしまって、抜け毛が増えてしまうそうです。

▲女性の薄毛に多いストレスについて 上へ戻る
女性の薄毛に多いストレスについて page top