毎日行うものだから大切なシャンプーの仕方

毎日行うものだから大切なシャンプーの仕方

大切なシャンプーの仕方

毎日の入浴では体の洗浄と共にシャンプーも欠かせないものですが、体の洗い方についてしっかりと学んだ記憶がある方はほとんどいないと思われます。

 

小さな頃には親と共に入浴する際になんとなく体の洗い方を学ぶものの、それ以降は自己流で洗う場合がほとんどになるのですが、特に洗髪をする際には抜け毛を抑え発毛を促すために正しいシャンプーの仕方でヘアケアをする必要がありますので、そろそろ頭髪が気になる方はどのような仕方で洗うべきかしっかりポイントを抑えておく必要があります。

 

まず正しいシャンプーの仕方としてポイントになるのは、入浴前にブラッシングをすることが挙げられます。 このブラッシングは髪ついた汚れを取るとともに髪のもつれをほどく意味合いがあり、軽くブラッシングをすることで洗髪により髪が受ける負荷を減らすことができます。

 

続いて洗髪する段階に入ったらまずは予洗いをすることになるのですが、その際にはおよそ38度前後のお湯を用いて、泡立ちをよくするために髪だけでなく地肌もしっかりと濡らすことがポイントになります。

 

予洗い後は一度水気を切ることになり、タオルは使わないまでも手で髪をしっかりと押さえてぼたぼた落ちないまで水気を切ります。

▲毎日行うものだから大切なシャンプーの仕方 上へ戻る
毎日行うものだから大切なシャンプーの仕方 page top