シャンプーでは乾燥させ過ぎない事が大切

シャンプーでは乾燥させ過ぎない事が大切

乾燥させ過ぎない

シャンプーでも頭皮は乾燥しやすくなります。市販系に多く使用されている硫酸系洗浄成分には、タンパク質変性作用と呼ばれているあまり聞きなれない性質があります。

 

皮膚はコラーゲンなどのタンパク質でできていますが、洗浄成分が肌に吸着して滑らかにしてしまうように頭皮表面を変形させてしまうというのがあります。一般的に問題がない程度です。

 

美容師でもシャンプーの際にアカ切れしてしまったり、アトピーの方ではジクジクしみたりするというのもありますが、タンパク質変形作用も特にストレスがあったり、神経が過敏な時はより頭皮が乾燥しやすくなるので、洗浄力がマイルドというより、刺激の少ないシャンプーを選んでみると良いです。

 

女性のための育毛剤というのを多く見かけるようになってきていますが、保湿中心のエイジングケアという成分でほとんど構成されています。

 

男性は遺伝が関係する男性ホルモンに多く関係してきます。逆に女性の場合は水分量低下による、頭皮の乾燥による抜け毛が多いというのがあります。よって和漢エキスや漢方などの観点で配合されている成分で構成されている育毛剤が多いのです。

 

スキンケアと同じように頭皮はアゴの様に皮膚が薄く、毛穴が多いので皮脂量は多いですから、本来一番丁寧なケアをしていかないといけないんですよね。なので丁寧なケアを心がけてみてくださいね♪

▲シャンプーでは乾燥させ過ぎない事が大切 上へ戻る
シャンプーでは乾燥させ過ぎない事が大切 page top