髪の毛のダメージもコシがなくなる原因

髪の毛のダメージもコシがなくなる原因

髪の毛のダメージ

髪の毛のダメージが極限に達してしまったこともコシがなくなる原因です。ヘアカラーやパーマを短期間で何度も繰り返すと頭皮や髪の毛に大きなダメージを与えてしまいます。

 

紫外線を長時間浴び続けること、ドライヤーを使いすぎることもダメージを与える要因となります。ダメージが積み重なることえ髪の毛の潤いを保つキューティクルが剥がれてしまい髪の毛の表面がボロボロになってしまうことで潤いがどんどん逃げてしまいます。

 

潤いが保てない髪の毛のコシが失われてしまうのは当然のことだといえます。他にも生活習慣の乱れが重なること、ストレスを溜め込むことによって頭皮のターンオーバーが乱れてしまい老廃物が排出できずに毛穴に汚れが溜まってしまい場合によっては炎症を起こしてしまいます。

 

代謝機能の衰えが頭皮環境を悪化させてしまうことで髪の毛に元気を与えることができなくなる要因となります。

 

髪の毛のダメージはカラーやパーマなど年齢によっては白髪染めなどもありますから、外部ケアとしてアミノ酸系ノンシリコンシャンプーを使用すると良いでしょう。

 

コシがかなりなくなった場合には飲む育毛剤なども活用していくとコシが出てくると思います。

page top