シャンプーで使われている合成界面活性剤はどう?

シャンプーで使われている合成界面活性剤はどう?

合成界面活性剤

人間の身体で2番目に多い成分がたんぱく質であり、頭皮や髪の毛、皮膚などはすべてたんぱく質が主な成分となります。

 

合成界面活性剤を皮膚に塗っておくことで肌荒れを起こしてしまったり、湿疹やかぶれ、なども引き起こしてしまうとされています。また、悪いことに合成界面活性剤は高い浸透力も持っており、人間の皮膚へも簡単に浸透していってしまいます。

 

体内に吸収されてしまうと、肝臓でも分解をすることが難しく、とても残留性が高いのです。このことから肝臓障害を引き起こす原因となったりもします。

 

非常に危険性の高い成分であり、海外では流通が禁止されているといった国もあるそうです。

 

合成界面活性剤は成分そのものも危険であるのですが、その高い洗浄力も薄毛の対策を考えた時には大きな問題になります。

 

何故かと言いますと、頭皮に必要な皮脂まで洗い流してしまうからです。

 

そもそも皮脂には頭皮を保護する役割や保湿する役割があるので、皮脂を洗い流してしまうことで頭皮が乾燥してしまったり、過剰な皮脂の分泌を招いてしまいます。

 

このことが抜け毛の原因となることもあるので、十分注意しておきたいですね。皮脂を流し過ぎないというのも大事な点ですが、皮脂自体は汚れや臭いなど雑菌を含めて吸着しやすいのでしっかり洗い流すというのも大事です。

▲シャンプーで使われている合成界面活性剤はどう? 上へ戻る
シャンプーで使われている合成界面活性剤はどう? page top