市販シャンプーは頭皮に良くない?

市販シャンプーは頭皮に良くない?

市販シャンプー

ドラッグストアやスーパーに行きますと、各社から販売されている沢山のシャンプーやトリートメントなどが陳列されていますよね。

 

中にはとても安価なシャンプーなどがあって、特にこだわりがない方はこうしたシャンプーを購入しているのではないでしょうか?

 

しかし、こうしたシャンプーというのは、実は薄毛の対策から見た場合、まったくメリットはありません。むしろ、頭皮の環境を悪化させてしまうリスクが高い物だと考えて良いでしょう。

 

一般的に市販されているシャンプーが頭皮に良くない理由としては、いくつかありますので解説してみます。

 

先ず代表的な成分として、市販されているシャンプーのほぼすべてに合成界面活性剤が使われています。合成界面活性剤とは、シャンプーの洗浄力を高めたり、泡立ちを良くする為に使われているものです。

 

非常に安価に製造できることから多くのシャンプーで使われていると言っても過言ではありません。この合成界面活性剤はとても危険な成分なのです。

 

どう危険なのかと言いますと、合成界面活性剤はたんぱく質を壊す作用があるとされている点です。なので頭皮ケアにはあまり向いていないという点があります。またフケや頭皮の乾燥などの状態で使用しても状態が改善していくというのもあまりないことかもしれません。

▲市販シャンプーは頭皮に良くない? 上へ戻る
市販シャンプーは頭皮に良くない? page top