分娩後脱毛症の特徴とは?

分娩後脱毛症の特徴とは?

分娩後脱毛症

抜け毛や薄毛の悩みは男性に多いものですが、女性もやはり薄毛で悩むことはあるものです。

 

女性の抜け毛も老化によるもの、ストレスによるものなど様々な種類がありますが、出産が原因で薄毛に悩まれている方もまた少なくありません。

 

分娩後脱毛症といわれる症状ですが、これは妊娠中は女性ホルモンの働きが活発になっているので、髪が抜けにくくなっていますが、出産後、ホルモンの量が正常に戻ることで、それまで抜けなかった髪が一気に抜けてしまうので、かなり抜け毛が多くなってしまいます。

 

こうした症状が起こることは本人にしたら、かなり心配なものでもありますが、こういった脱毛症はずっと続くものではなく、ある程度の期間が過ぎると自然と回復するものが多く、特別な治療も必要ないとされています。でも、出産後の体調の変化や育児疲れやストレスなどもあり、なかなか改善されないこともあります。

 

最近は晩婚化が進んでおり、30代、40代で出産する高齢出産の方も多いですが、やはり若い年代に比べて髪も戻りにくい傾向にあります。薄毛がなかなか改善されない場合は適切な治療を行うことで改善できることもありますので、あまりに改善が遅い、抜け毛が止まらないという場合は医療機関に相談してみるのもおすすめです。

 

そして育児中は睡眠不足になりがちですが、睡眠不足も髪によくないですから効率よく睡眠が取れる工夫もしておきたいですし、ストレスをためないこと、そして母乳を与えることで栄養も取られがちですので、栄養補給もしっかり行いたいものです。

 

トリートメントを使用している方は、頭皮にかからないようにすすいでいきましょう。また抜け毛が多いときは、洗い流さないトリートメントなどを使用してヘアケアしていきましょう。

page top